アーティフィシャルフラワー定期便

Artificial flower

清潔感・高級感のお手伝いを致します

シルクなどのファブリック(布)で花びらのフリルシワまでをリアルに再現し 生花にはない芸術性と耐久性を人工的に造った花です。
その特徴からホテル、レストラン、クリニック、オフィスやマンションのエントランスなどで おもてなしの演出として欧米はもとより近年日本でも注目されています。

アーティフィシャルフラワー定期便で、全て解決!

花粉や匂いがないので、病院で患者さんに悪影響を与えることも、レストランで料理の邪魔をすることもありません。水替えや活け直しの必要がないので、お手入れがとってもラクです。年間のコストは生花の1/2〜1/3に抑えられるうえ植物や土による菌やカビの繁殖もありません。さらに生花と比べて美しさが長く続きアレンジも自由自在です。

アーティフィシャルフラワーのメリット

ミシャロンのお花はすべて光触媒加工済みです。
光触媒とは物質がを浴びることによって起こす化学反応で、太陽の光や可視光のエネルギーを使って種々の有機物や匂いを分解します。
消臭/抗菌ウイルス/防汚カビなどの効果があります。

アーティフィシャルフラワーはついつい飾ったままになってしまい、ホコリをかぶることがあります。

いつでも綺麗なお花でお客様をお迎えできます。

季節に合ったお花が届いたら、前回の花はダンボールに入れて送るだけです。

水やり、水換え、葉の除去、掃除、型崩れの修正など、する必要がありません。

通常のフラワーアレンジだけでは無く、壁掛けにしたり、更に高級感のあるものやサイズもお気軽にご相談下さい。

生花と比べ大幅にコストダウンが可能です。
生花は5,000円の花を毎週変える必要がありますので、2万円と水換えの手間などが加わります。

 

生花にこだわる必要があるでしょうか?

どちらが生花かわかりますか?

あなたの待合室の造花や生花グリーン(観葉植物)はホコリをかぶっていませんか
適切な管理はできていますか?枯れていたり、土から虫がわいていたり、腐っていたりする可能性がありませんか?管理業務として看護師の方の時間を使っていませんか?こんなお悩みのある病院関係者の皆様、朗報です。
私たちの花はその問題をすべて解決します。患者さまは、待合室をよく見ています

アーティフィシャルフラワー定期便(12,000円)ギャラリー

アーティフィシャル定期便お届けスケジュール

着払い伝票も同包していますので、古いお花を届いたダンボールに入れ、お送り下さい。
また、季節を感じるイメージピックも同送いたしますのでクリニック様の判断でご使用ください。

年に5回(春夏秋冬お正月)季節ごとのアレンジを送りします。ひな祭りなどの季節を感

じるイメージピックも同送いたします。クリニック様の判断でご使用ください。

次のお花が届いたら、古いお花を入れて着払い伝票を貼って送り返してください。

人気のフワラーデザイナーが監修しています

石川 味季

㈱MICHALLON 代表取締役
アーティフィシャルフラワーの企画・製作、プロモーション
㈲DFAフローリスト認定協会 会長 

 フローリスト教師資格 認定団体(教師会員数300名)

 1992年 生け花池坊正教授1級
 1994年 有限会社フェアリーフラワー設立
 1995年 フラワーアレンジ教師資格試験実施(全国展開)
 1997年 エコール・フルーリスト・ド・パリ
(フランス公立校卒業)ディプロマ取得 
 2004年 DFAエコール・デ・フルーリスト・ド・パリ・イルドフランス・フローリスト提携校となる
 2006年 生け花池坊家督教授
 2009年 厚生労働省 フラワー装飾技能士1級 職業訓練技能指導員免許
 2012年 株式会社 MICHALLON設立
 企業イメージコンサル、ホテル装飾、テレビドラマ演出など幅広くフラワーアーティストとして活動

アーティフィシャルフワラー定期便の料金

price

大きさやアレンジによって月額35,000円(年間420,000円/税別)、月額50,000円(年間600,000円/税別)のコースがございます。

壁掛け仕様などのカスタマイズも承っております。

お客様の声

小滝橋動物病院グループ 総院長/獣医師
中村 泰治様

1999年、新宿区に小滝橋動物病院を開院。2020年現在では、23区内に一次診療動物病院を6医院、動物高度医療センターを2施設を展開。
“ひとつでも多く命を救う”ことを理念に、「見る・さわる・聞く」に始まる一般診療基本を大切にしながら、高度医療へ取り組みを続け、認定医資格を持つ獣医師在籍も多く教育体制も充実した、大学病院と同等レベル安心と確実性を提供する動物医療グループを運営。

(アーティフィシャルフラワー活用に関して)
飼い主様にとって居心地良い空間を実現するためには、植物存在は欠かせないと考えています。一方で、命を扱う現場においては植物も命であり、決して枯らしてしまうことや弱らせてしまうことは禁忌であると思います。しかし、忙しくしている病院においては、スタッフが常に植物状態を気にかけることは難しく、そんなときアーティフィシャルフラワーはとても便利で頼れる存在です。
当グループには、病院外観にアーティフィシャルフラワー植栽を活用している病院もあります。

アーティフィシャル定期便へのお問い合わせ

お気軽に下のフォームよりお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせも承っております。

電話番号03-3587-1718(平日10:00~17:00)