Artificial flower
アーティフィシャルフラワー(高級造花とは)

シルクなどのファブリック(布)で花びらのフリルやシワまでリアルに再現、生花にはない芸術性と耐久性を人工的に造った花のことで「アートフラワー」「シルクフラワー」「フェイクフラワー」などの総称です。

その特徴からホテル、レストラン、クリニック、サロン、オフィスやマンションのエントランスなどで、おもてなしの演出としての室内&壁面装飾に、またインテリアグリーンやギフトとして、欧米はもとより日本でも近年注目されており、その注目度の高まりを受け造花としてのクオリティも年々向上しています。

「プリザーブドフラワー」は本物の花を加工することで美しさの長期保存が可能になった花のことで「プリザーブド」は保存された」という意味です。造花の代わりに使用されていますが、アーティフィフィシャルフラワーに含まれません。

 
どちらが生花に見えるでしょうか? _ 茎を曲げ這わせることで躍動感も表現

Feature
アーティフィシャルフラワーの特徴

花粉や匂い がありません(病院やレストランもOK)・お手入れがラク (水替えや活け直しナシ)・年間コストは 生花の1/2~1/3程度。
植物や土による 菌、カビの繁殖 ナシ ・美しさ が長く続く(生花のベストは3日程度)・アレンジ が自在(生花では茎を折り曲げられない)

 

 

Reason
ミシャロンが選ばれる4つの理由

 オーダーメイドでお願いできるから


ミシャロンは生け花の線、空間を使ったZENスタイルに加え、華やかな花で作るスタイリッシュなアレンジが得意です。

お客様の業種を考えることはもちろん、飾る場所や目的に合わせて草花や器を変えてアレンジ提案いたします。

色の心理効果を狙った提案もいたします。例えば、クレーム対応をする部屋には冷静さを保つ青色の花を。
会議を効率よく早く終わらせたい場所は赤色を。コミュニケーションを活発にしたい部屋にはオレンジ色など。

 目的やご予算にあわせて、さまざまな提供方法をご用意


■買取コース:目的に合わせたお花をご用意しています。ホコリをとるなど、ご自身でメンテナンスしてください。
■フラワー定期便:四季に合わせたお花をお送りします。以前のお花は送り返すだけなので、メンテナンスも簡単!
■年間契約(メンテナンス付):ご訪問してお花の差し替えを行います。クリスマスなどその時々にあわせたご提案・カスタマイズも可能です。

      [年間契約の基本料金構成]

「年間契約」の基本は「年4回の定期装飾コース」となります。

高さ 20〜40cmのフラワーベース(器)に 30〜70cmのフラワーアレンジメントをご提供します。
料金はアレンジメントの大きさや花材の質や量、デザインやそのチェンジ回数、メンテナンス回数によって変わります。

※メンテナンス付きの年間契約コースは、東京23区限定のコースになります。


<生花とアーティフィシャルフラワーのコスト比較>

この写真ぐらいの大きさの室内装飾を1年間美しく飾ろうとすると…

 目的に合わせたお花をご提案


インパクトのあるアレンジからシャンペトルなアレンジまで、
フラワーアレンジの資格を持ったフラワーアーティストたちによる、幅広いアレンジメントをご提案します。
そのため、ご要望にそった装飾が可能となり、お客様に喜ばれています。.

 安心・安全を第一に


近年では花粉や虫に対するアレルギーを気にする方が多くなってきました。
お見舞いに生花の持ち込みを断る病院もあります。
アーティフィシャルフラワーは花粉がありません。
クリニック様には、来院する患者様に安心を表示できるキャプションカードをご用意しています。
これはクライアント様と患者様をつなぐ表示でもあり、このカードをきっかけに会話が増えたといった
お声もご利用いただいたお客様から多く聞かれます。

定期的な室内装飾に興味はあるけど、いきなり年間契約するには不安という方のために室内装飾限定(*)の「3か月無料トライアル」を実施しています。
サイズは「大」の場合は 横45㎝×高さ40㎝程度、「小」の場合は 横25㎝×高さ15㎝程度の フラワーアレンジメントのご提供となります。

3か月とは、例えば「4月に生け込み(春用デザイン1)→ 5月に花のデザインチェンジ (初夏用デザイン2)6月に引き続きご利用いただけるかどうかをお伺いする」までが、すべて 無料で体験できるということです。

壁面装飾は壁の施工が必要となるため実施しておりません。

(例)

_